大橋ジャンクション【前編】

  • T太郎の日記

T太郎です

T太郎 ティーアラウンド

 

世の中にはいろんな「建築」がありますよね。

弊社が扱っております

「戸建て住宅」も建築

大きなビルや、学校、病院、も建築です。

 

一方、

橋や高速道路、ダムなどは

建築ではなく、「土木」と呼ばれます。

 

今回ご紹介するのは、

その「土木」としてもかなり特殊な…

まるでトミカの世界のような!?

画像出展・ともに(株)タカラトミー公式より

複雑で、ワクワクしちゃう

高速道路の建造物・・・

 

⬜️「大橋ジャンクション」を探検!

 

さて、渋谷から少し南へ

「池尻大橋」交差点の近く

ビルとビルの隙間から 

巨大な円形の上に、こんもりと緑の森が…

あれは、何? 

ジブリ映画「ラピュタ」? 

 

画像出典・スタジオジブリ公式サイトより 「天空の城ラピュタ」

近づいてみると・・・

手前は目黒川

ドドーン! でか!

ここは

首都高速道路の「大橋ジャンクション」

(東京都目黒区大橋1丁目)

 

首都高速の「中央環状線」と「3号渋谷線」を結ぶ

合流分岐点として計画、着工され、

2010年より部分的に開通、2015年に全面開通しました。 

 

外からは見えませんが、

建造物の内側を、一周400mのスロープが

4層構造で螺旋を描いて、

地下の環状線と地上の3号線とを

高低差約70m(!)で結んでいます。

 

複雑!!

例えばこちらは、中央環状線(外回り)から大橋JCTへの分岐【首都高ドライバーズサイト】

 

平面図はこんな感じ。

断面図も超フクザツ!!

大橋ジャンクション平面図と概要図・出典「道路行政セミナー」2013.7月号

 

この超巨大な土木工事を請け負ったのは

ハザマ(現・安藤ハザマ)。

落札額は約116億円ということで、

完成後、首都高全体の渋滞が2~3割ほど緩和され、

中央環状線の開通と相まって、さまざまなルートで

都心の渋滞を回避できるようになったとか!

 

で、ですね、

この巨大プロジェクトには

もう一つの側面、

「地域の憩いの場を新設」することが計画され、

最終的に、

巨大な円筒型のジャンクションの屋上に

「空中庭園を作る」という仰天プランが決定しました。

 

大橋ジャンクション模型。画面の左が渋谷、右が三軒茶屋方面

というわけで、

先ほどの森は

目黒区が管理する「目黒天空庭園」だったんです!

 

天空の庭園!? 気になりますよね〜

首都高速の「大橋ジャンクション」を

車ではなく、徒歩で! 探索してみたいと思います。

 

次回【大橋ジャンクション(後編)】へ続く

 

タカラトミー・トミカワールド『DXトミカタワー』

スタジオジブリ公式サイト『天空の城ラピュタ』

株式会社 安藤・間(呼称:安藤ハザマ)

首都高速道路株式会社[大橋”グリーン”ジャンクション]

 

T太郎

ティーアラウンド株式会社