都民の水がめ『多摩湖 (前編)』

  • T太郎の日記

T太郎です

「多摩湖」ってご存知ですか?

 

「多摩湖」は、東京都の

他県にまたがらない湖としては 最大の湖。

「村山貯水池」という名でも知られる人造の湖で、

東大和市にあり、

桜の名所としても知られています。

 

さて、

水道と、その水質は、お住まいや土地選びの際にも

重要なポイントですよね。

 

東京は とかく「自然がない」とか

「コンクリートジャングル」などと揶揄されますが、

夏場にも「水不足」の被害があまり深刻化しないのは、

 

ここ東京西部に豊な水源 があり、

その運用が、江戸時代から

高度に発達しているから! だそうです。

東京の水道システムは

「水質も含めて世界一」という評価もあるのです。

 

そんな、東京都民の「水がめ」の一つとして 

日夜、静かにわれわれのライフラインを支えてくれているのが、

村山貯水池、多摩湖!

 

先日 私は、

「水がめの貯水の様子を確認!」という名目で、

桜の開花状況を探るべく…

缶ビールを持参して…(つまりお花見?)

出かけてまいりました!

 

空が映っている多摩湖

 

弊社のある東伏見駅から西武新宿線に乗り、西を目指すと

「小平」の次が「萩山」

で、ここから西武多摩湖線という、

かわいい路線と接続します。

 

西武多摩湖線は

国分寺駅から多摩湖駅までのわずか7駅、

9.2キロの短い「単線」の路線です。 

  

 

東京都内に、こんなに可愛くて

のどかな単線鉄道があることが驚きですよね~

ちょっとした旅気分♪

 

都立狭山公園は、南北に長い形なんですが、 

 往路は、「多摩湖駅」の一つ手前「武蔵大和駅」で下車して、

多摩湖を目指します!

 

 

駅の桜も咲き始めています

 

ここから5分ほど歩くと、都立狭山公園、

「東京都民の水がめ」多摩湖の視察(お花見 !?)へ!

 

狭山の桜『多摩湖  (後編)』へ続きます

 

都立狭山自然公園

https://www.t-around.co.jp/