三鷹・恭楽亭『スジウドン ランチ』

  • お昼休み

T太郎です

T太郎 ティーアラウンド

アラ子君の昼休みの記事を受けて、

「昼ごはん」の話を、私もさせてもらいます。

 

朝ついギリギリまで寝てしまうため、

朝食は、食べてもバナナやシリアル、ヨーグルトだけ

という感じで、

私にとって「ランチ」は、大事な一食目、

か〜な〜り楽しみにしている時間です!

 

職場では、毎日 11時くらいになると

「お昼は何を食べよっかな~」と考え始めています。

(注:業務もちゃんとこなしております)

 

そこで、「食事の歴史」について調べてみると……

原始時代の人間は、

捕(と)れた獲物を食べるのが「一食目」

次の食事まで何日も食べられないこともあったというから

まさに「命がけ」。

狩猟=食事。

「ランチ」なんて発想があるわけないです… 

 

その後、稲作など農業が始まり、

食品の貯蔵技術が進むと、

朝飯と夕飯「一日二食」というスタイルが

スタンダードとなったようです。まだ「ランチ」は無し…

 

同じ頃、西洋でも一日二食が普通だったようですが、

そちらは「昼飯」と「夕飯」の二食だったそうで、

東西の食文化の違いも面白いですね~

 

日本人の庶民に、

朝飯と夕飯の間に「昼飯」を食べる「一日三食」

という習慣ができたのは、江戸時代以降だとか。

「ランチのない日々」を

想像したこともなかったですが、

生まれ変わるなら、ぜったい江戸時代以降がいいなぁ!!

 

さて、

弊社、東京本社の最寄駅は西武新宿線の東伏見駅ですが、

JR中央線の三鷹駅や吉祥寺駅からバス路線でのアクセスも良く、

そちらからのご来客や、出勤組も少なくありません。

 

 

業務の都合で三鷹駅で乗り継ぎできるチャンスがあると、

なんとかして食べたいぞ! と楽しみにしている、

ランチメニューを紹介します。

 

三鷹駅前の焼肉店『恭楽亭』

 

そもそもは社の先輩に連れて行ってもらいました。

人気の焼肉店ですから、ランチ営業も期待値が高く、

実際どのメニューも美味しいのですが・・・

 

中でも私のイチ押しは、

「スジウドンランチ」(1200円)

 

わ!辛そう!!

と思いますよね。

私も初めて見たときは

「真っ赤! やば!」と思ったのですが、

旨味と甘味と辛味が、黄金比のように掛け合わされて、

辛さはむしろ控えめなくらい。

 

それよりもスープのうまさが圧倒的で、

序盤、ひとくち、ふたくち食べたところで

きっとこう思います↓

 

「また食べに来たい!」と!

 

スープはライスにかけるもよし、

病みつき必至のスジウドンランチ。

三鷹でランチのチャンスにはぜひ!

 

 

ちなみに電話番号は下4桁が にくにく(2929)♪

 

三鷹 韓食苑『恭楽亭』公式HP

 

T太郎 ティーアラウンド

https://www.t-around.co.jp/