祝 還暦◎ 絵本「ぐりとぐら」

  • 「物語」の家

アラ子です

 

日本を代表する画家であり絵本作家、

山脇百合子さんが、昨年9月末に80歳で亡くなりました。

 

お姉さんの中川李枝子さんとのコンビで、

以前このコーナーでも取り上げた

『そらいろのたね』(過去の記事)をはじめ 

数々の名作を出版されていますが、

 

なんと言っても、その筆頭は

『ぐりとぐら』!!

かわいい2匹のネズミの毎日を描いた、超ロングセラー絵本です。

 

 

初版当時は旧姓の「おおむら」ゆりこさん

 

『ぐりとぐら』は 1963年に初めて登場して、

今年、60周年。つまり「還暦」を迎えるんですね。

続編など、

シリーズ累計では2000万部を超え、

「一度は読んだことがある!」

という方も多いのではないでしょうか♪

↑こちらはアラ子のぐりぐらコレクション

 

『ぐりとぐら』のお話は・・・

ある日、森で 大きな卵を見つけて、

自分たちの体より大きな卵を

割らずに運ぶにはどうしたらいいかと悩んだ末に…

 

「お鍋を持ってきて

ここでカステラを作ろう!」

 

森じゅうに広がる いい匂いに

動物たちが集まってきます…

と、読んでいる私にも、

カステラのいい匂いがしてくるんですよ〜フシギ♪

 

そして、森のみんなでカステラを食べる。

 

ふんわり大きな黄色いカステラは

子供の(大人も!)憧れですよね♡

 

最後は大きな卵の殻を使い、車を作って帰ります。

1シーン 1シーン

楽しくて、繰り返し読みたくなるのです!

 

ところで「ぐりとぐら」は、卵の殻の車に乗って、

どんな家に帰るのでしょうか? 

ティーアラウンド広報部アラ子としては

「家」が気になりますけど、

ここには描かれていません。

 

そこで、シリーズを通して探してみると…

サンタクロースらしきおじさんとの交流を描いた

 

『ぐりとぐらのおきゃくさま』(福音館書店)

こちらに、

かわいい家が登場しています。

表札?「ぐり と ぐら」

 

ここが、「ぐりとぐらの家」なんですね!!

せっかくなので、

お宅を拝見させてもらいましょう!

 

【外観】赤い屋根がステキです

 

【立派な暖炉】

屋根には煙突がありましたよね

 

【ベッドルーム】

ベッドカバーおしゃれ〜♪

 

【バスルーム】

洗濯物は室内干し!?

 

「ぐりぐらシリーズ」の魅力は、

素朴でつつましくも、

いきいきと楽しそうに生活していること。

その幸せを一緒に体験できることが、

永遠の人気の秘密なのかな〜なんて思いました。

 

『ぐりとぐら』の還暦をお祝いしつつ、

山脇百合子さんのご冥福をお祈りしたいと思います。

 

福音館『ぐりとぐら』公式サイト

アラ子でした

https://www.t-around.co.jp/