グラファーレ ジュニア野球教室【2】

  • T太郎の日記

T太郎です

 

グラファーレ ジュニア野球教室【1】からの続き

 

弊社のホールディングカンパニーである

「タクトホーム 」主催の

「グラファーレ ジュニア野球教室」の詳報です。

 

 

このイベントは、

タクトホームや、弊社ティーアラウンドの本社が立地している

西東京市のご後援もいただき、

「西東京から球界を代表する選手を!」

というスローガンのもと、

タクトホームの地域貢献事業の一つとして催されています。

 

2022年12月吉日、

西東京市の池澤隆史市長と

萱野洋副市長にも朝早くからご臨席いただきました。

池澤隆史 西東京市長

 

そして、

野球を指導してくださる講師にお迎えしたのは・・・

このお二人!!

 

千葉ロッテマリーンズ前監督の井口資仁氏

[田無市(現西東京市)出身](写真左)と

現役を引退されたばかりの鳥谷敬氏[東村山市出身](右)

 

スローガンのとおり、まさに

『郷土が生んだベースボールレジェンド』!!

とにかくもうカッコよくて、

お二人ともオーラがスゴイんですよぉ〜〜

 

会場は、西東京市東伏見の「早稲田大学 安部磯雄記念野球場」

早大の硬式野球部の練習グラウンドで、

鳥谷選手は早大のご出身でもあります。

 

早大野球部の創立者・安部磯雄像

 

鳥谷選手以外にも、

青木宣親選手(ヤクルト)や、ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手も青春を過ごした

憧れの早大グラウンド。

ここで練習できることも、ジュニア選手たちにとっては、きっと貴重な体験になりますね。

 

さあ、練習が始まります!

キャッチボール、

シートノック、

バッティング。

「ナイスボール!」

「体の正面で!!」

「もっとでかいの打っていこう!」

 

 

両氏とも、子供たち一人一人に熱心に声をかけ、

時に厳しく、時にユーモアを交えながら

丁寧に指導を行います。

 

教室の終盤には

硬式球を用いての、コーチ自らのバッティング披露!

ガキン!!!

これがプロのスイングか〜〜〜

音が違います!!

あわやフェンス越えに、

「お~~~~」と歓声を上げる少年たちの目はキラキラ!!

いつの間に青空も広がっていました。

 

おしまいに、お二人のサイン入りグッズの抽選会が行われ、

レプリカユニやキャップなど、

豪華なプレゼントに大盛り上がり!

 

当日は、タクトホーム代表の小寺、

弊社代表の大橋が、イベントのホスト役を担いました。

 

偶然にも二人は、少年期から学生時代まで野球に熱中した経歴を持ち、

取材を受ける弊社代表大橋

 

練習を継続することの大切さ、諦めない心、チームプレーの喜びなど

野球を通じて多くのことを学んだと語っています。

「グラファーレ 少年野球教室」の様子はJ:COMチャンネルにて放送されました。

 

最後はチームごとに記念撮影も行い、

イベントは無事終了。

 

羽ばたけ少年球児たち!!

 

井口さん、鳥谷さん、

ありがとうございました!!

 

グラファーレ ジュニア野球教室【1】へ戻る

https://www.t-around.co.jp/