360度の展望台・新国立競技場へ[前編]

  • アラ子の日記

アラ子です

T太郎が紹介していました、歌舞伎座タワー。

T太郎の記事【歌舞伎座タワー】

 

その共同設計者に、

建築家の隈研吾さんの名がありましたが、

たまたまですが、少し前に 私アラ子も

隈研吾氏の手掛けた大プロジェクト を訪ねていました!

 

駅名そのまま! 目の前に…

 

新・国立競技場!!

神宮外苑周辺の紅葉見物を兼ねて、

散策してきたのでした♪

 

あらためていうまでもありませんが、

こちらは2020年 東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて

メインアリーナとして作られた競技場です。

 

建築家ザハ・ハディド氏のプランが採用後に撤回となって

再コンペが行われた事情など、

経緯をご記憶の方も多いと思います。

最終的に隈研吾氏の新案がコンペに勝ち、

氏の設計の特徴である、

「木材をふんだんに使った建築」

最新形・完成形ともいえる

美しいスタジアムが誕生したのでした!

 

 

「杜(もり)のスタジアム」というコンセプトの通り、

緑豊かな明治神宮外苑の景観に調和し、

とにかく至る所に、木材が使われています。

想像以上に「木」!

「木」の温もりに包み込まれます!

 

そして、競技場の5階部分には

「空の杜」という遊歩道公園がありまして・・・

ここ、ぜひオススメしたいです!

 

「空の杜」は入場無料。

スタジアム内には入れませんが、

競技場の外周を

360度ぐるっと一周することができます。

「神宮の杜」の向こうに

絵画館やスカイツリーも!

お隣には「東京2020大会」で卓球の会場となった東京体育館↑

中には入れませんが、スタジアム内もチラリ

「木」のベンチでひと休み♪

 

 

「空の杜」は、東京の風景を360度 見渡せる展望台、

素敵なお散歩コースなんです!

 

ところで、この競技場に使われているたくさんの天然木、

どこから集めてきたのか、気になりませんか??

次回

この木なんの木?・新国立競技場へ[後編] へ続く!

https://www.t-around.co.jp/