歌舞伎座タワー

  • T太郎の日記
T太郎

T太郎です

前回の記事

サッカーW杯と歌舞伎揚げ より続く

 

長らく私ども飯田ホールディングス

CMにご出演くださっている

歌舞伎役者 市川團十郎氏

 

「十三代目 市川團十郎白猿 襲名披露」の公演があり 、

 

わたくし、

生まれて初めて~~歌舞伎見物いたし~ました~~ 

T太郎に、ご・ざ・い・まするううう~ 

↓引き続き、歌舞伎かぶれ…

公式チラシ・歌舞伎座HPより

 

今回の舞台は

團十郎氏のご長男、勸玄くんの

「八代目 市川新之助 初舞台」も兼ねており、 

 

歌舞伎界のオールスター揃い踏みの、

なんとも華やかな公演でした。

 

私は、歌舞伎の観劇そのものが初めてなので、

入り口で、「えいやっ」とイヤホンガイドを借りました。

初心者には必須!?

800円でしたが、ワタシ的にはこれが大正解。

舞台に現れる登場人物の名前や肩書き、

役者さんのプロフィール、場面や舞台装置の説明、

衣装やかつら、小道具の解説、

常磐津(ときわづ)や三味線など音曲の紹介など・・・

じつにタイミングよく耳に語りかけてくれるのです。

「勧進帳」

「外郎売」

イヤホンガイドのおかげで、じっくり楽しめました!

 

 

ところで

今回お邪魔した「歌舞伎座」は

2013年に建て替えられ、完全リニューアル。 

 

 

明治22年(1889)に開場した「初代」の建物から数えて、

「五代目」にあたるのが、今の歌舞伎座です。

 

先代「四代目」歌舞伎座(1950~2010)の佇まいを残しながら、

全体としては地下4階、地上29階、

銀座でもひときわ目立つ高層ビル(145m!)、

『歌舞伎座タワー』として生まれ変わっています。 

 

画像 歌舞伎座タワー公式サイトより

 

歌舞伎座のリニューアルとオフィスタワーとの併設

という大プロジェクトは、

隈研吾建築都市設計事務所と

三菱地所設計の共同設計によるものとのこと。

(劇場部分は杉山隆建築設計事務所・今里隆氏監修)

背が高くて、カメラに収めるのは大変!!

 

日本の伝統建築と先進性の融合・・・

この建物を見るだけで、

また日本が好きになりますよ!

夜景も素敵でした

 

サッカーW杯も続きます!

がんばれ日本代表!!

T太郎 ティーアラウンド

https://www.t-around.co.jp/