[大城 憲③]ティアラの仲間たち(3/3)

  • スタッフ紹介

『ティアラの仲間たち』

大城 憲インタビュー③(全3回)

大城憲インタビュー①はこちら

大城憲インタビュー②はこちら

 

*********************

【聞き手・T太郎】

(以下T):前回、敷延(しきえん)の土地についてお話しいただきましたが、

大城さんの、普段のお仕事について教えてください

 

大城:私の所属する「不動産事業部」は、おもに土地の仕入れを行い、

新築一戸建ての建築・販売を行っています。

 

打ち合わせ中の大城さん(右から2人目)

 

T:お仕事の「きも」と言える部分はどこでしょうか?

 

大城:もろもろ全て重要なのですが…、なんと言っても「仕入れ」だと思います。

具体的には仕入業者さんとのお付き合いですね。良い情報をいただけるよう、普段から業者さんと信頼関係を築いていないといけません。

業者さんに対して、「協力していただいている」という気持ちを忘れないでいることが大事だと、

これは社長の大橋が、私が初めて会ったタクトホームの店長時代から、変わらず言い続けていることです。

現在ティーアラウンド社の社訓というか、経営理念にも集約されていて、

私も、新人や後輩には、そのことを第一に伝えていきたいと思っています。

 

T:大変なところ、また、やりがいを聞かせてください

 

大城:一つとして同じ物件はない、というところが大変といえば大変かな。

土地の大きさ、形状、周囲の環境、近隣の住民の方との関係、駅からの距離など、土地物件は千差万別。

だからこそ面白いというか、毎度毎度、新しい気持ちで仕事に向かっています。

 

営業車で出かける大城さん

 

仕入れた土地に関して社内稟議(りんぎ)が済んで、買付の申込書を仲介業者さんに提出し、無事契約がまとまると、

よっしゃ~!って、なりますね(笑)

 

T:ティーアラウンドに興味を持っている就活生へ、ひとこと。

 

大城:弊社ではデザイン性の高い住宅をつくっています。

自分が仕入れた土地に素敵な家が建ち、それが素敵な街並み作りにつながっていることは嬉しく、誇りに思います。

社長・部長との距離も近く、やりたいことを具体化できる会社です。

難しい案件も、先輩社員へ気軽に相談できるのが弊社の強みですよ!

 

<おまけコーナー 私の好きなもの >

音楽が好きで、ジャンルでいうと、昔からパンクとか

けっこう激しいのが好みで…

ブルーハーツとか、ラフィンノーズ、好きでしたね~

 

あんまりメジャーじゃないバンドのライブにもよく行きます。

コロナ禍でしばらく行けてないですが…

小箱(こばこ)といって、小さなライブハウスに行くのが

私の楽しみなんです!

 

 

T:ケンケン、これからもよろしくお願いします!!

 

大城憲インタビュー①へ戻る

大城憲インタビュー②へ戻る

https://www.t-around.co.jp/