水陸両用バス・東京湾へGO!:その2

  • T太郎の日記

T太郎です

T太郎 ティーアラウンド

前回

水陸両用バス・東京湾へGO!:その1

からの続きです。

 

 

「お台場」の最寄駅、東京テレポート駅前を出発した

水陸両用バス「スカイダック号」

フジテレビ社屋、ダイバーシティなどを横目に

一般道をジグザクと走り、

スプラッシュポイント へと向かいます。

その名の通り、

ここから海へ、バッシャーンと着水します!

マップ:東京スカイバス 公式サイトより

 

スカイダック号には屋根がありますが

窓は、ガラスなどの遮るものがありません。

「風向きやタイミングで、着水時に波を大きくかぶって

服が濡れることもあります。

濡れたらタオルを支給いたしますね!」

と事前に説明がありました。

マジか〜、ドキドキ・・・

 

さて、スプラッシュポイントで

一旦停止したスカイダック号、

海へ向かって加速します!

 

ガイドさんの、掛け声に合わせて~

さん!(加速!!)

にい!(さらに加速!!!!)

いち!

GO〜〜〜 

スプラ〜〜〜ッシュ!!!

ワイパーが最速で動く!!

横から水しぶき↓

なかなかの衝撃でした!!

窓側の席の人はけっこう濡れた人もいました

(ちょっとうらやましい~)

 

と言ってる間に、もうそこは穏やかな海の上〜

振り返ると、

スプラッシュポイントの滑走路? 

となっている「坂道」が…

 

 さっきまでバスだったのに、あらま〜「船」ですよ

ヤホ〜、東京湾!!

 

道路では大型のバスでしたが

海へ出ると、かわいらしい小舟のような

優しい速度で進んでいきます。

 

船の世界ではスカイダック号は小型船。

水面が近いので、海の迫力、感じます。

わお〜、波が跳ねる!!

 

運転手さんは

大型の車両免許と、

船舶の免許と両方必要なんだそうですよ。

 

風も光も気持ちいい〜

球体状の展望台・フジテレビ社屋が見えます

 

レインボーブリッジの下をくぐる。

羽田に離着陸するジェット機、

レイボーブリッジを通る新交通ゆりかもめ、

お台場は、東京都心と、空路、海路を結ぶ交通の拠点でもあるんですね

東京タワー

海上保安庁の測量船

 

江戸時代、ペリー艦隊の来航に脅威を感じた幕府が建築した

洋式の海上砲台「お台場」も間近に。

第六台場は、自然豊かで学術的にも貴重な史跡

 

 

「東京」の景色を、東京湾から眺める!

往復50分のクルーズ&ライド、

皆さまも一度いかがですか〜

 

水陸両用バス・東京湾へGO!:その1

水上を走るバス SKY Duck 公式サイト

 

T太郎 ティーアラウンド

https://www.t-around.co.jp/