[吉田 創 ②]ティアラの仲間たち(全3回)

  • スタッフ紹介

『ティアラの仲間たち』

吉田 創インタビュー②(全3回)

【吉田 創インタビュー①は、こちら】

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

愛知県内での就職を考えていた吉田さん、

ところがティーアラウンド名古屋支店での面接で

「東京での募集があります」と言われ…

 

T太郎 ティーアラウンド【聞き手・T太郎】

T:それって、考えちゃいますね、戸惑うというか…

 

吉田:その通りですね、考えました…(苦笑)

でも、東京には母方の祖母の家があって、小さい頃から馴染みはあったし、

僕の兄もすでに東京で働いていたので、全く縁のない土地ということはなかったんです。

新しいことに挑戦してみたい、という気持ちも芽生えてきて

「やってみようかな」と、東京行きを決めました。

 

T:弊社に来てからのお仕事を教えてください

 

吉田:現在はオプション課ですが、

この春までは、同じリフォーム事業部のメンテナンス課におりました。

タクトホームやティーアラウンドの住宅の

「2年点検」「床下無料点検」「屋根外壁無料点検」が主な業務でした。

 

T:実際にお客様のお宅を見て回るんですね

 

吉田:1日に、だいたい2~3軒のお宅を点検していました。

 

T:弊社の住宅の「2年点検」では、どんな不具合が起きていましたか?

 

吉田:あの、フォローとかではなくて(笑)、

弊社の住宅は非常に丈夫に作られていて、2年くらいでは滅多に大きなトラブルはありません。

でも人間の体と一緒で、放っておくと病気に繋がるような黄色信号ってありますよね、

それを先に見つけるのが大切です。

 

T:例えば…?

 

吉田:やがて生じる可能性があるのは、「床の軋み」

「フローリングのわずかなズレ」「建具(ドアなど)と枠組みの擦れ」など。

それから、しっかりとした地盤に建っている住宅でも、

年間に何度も地震や台風に遭いますから、少しずつ歪みやひび割れも、起こり得るんです。

それでも、どんなことでも早めに対処すれば、意外と簡単に直せるんですよ。

吉田創さん

弊社の場合、定期的にメンテナンスしていることが強み!

建具の調整など、簡単な修理はもちろんその場で作業させて頂きますし、

初期段階で「治療」することで、

住宅全体の「寿命」が変わってくるのを実感しています!

 

【吉田 創インタビュー③へ続く】

【吉田 創インタビュー①は、こちら】