ヨリトモ許せん!!

  • アラ子の日記

アラ子です

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(三谷幸喜・脚本)

皆さん、見てますか? 

NHK公式サイトより

 

平安末期から鎌倉時代へ、

平氏から源氏へ、激動を描いた大河ドラマ。

史実でありながら

三谷幸喜さんの脚本作品らしく、コメディシーンも満載で

私は毎週(録画して)楽しみに見ています!

 

が、ここへきて、

上総広常(かずさ・ひろつね)への仕打ち、

今週は、木曽義仲親子にまつわる裏切りと

悲劇の連続…ヒドすぎじゃん!(涙)

 

源頼朝(鎌倉殿)の粛清が

残酷すぎて、ムゴすぎて、

あ~~もう~~~

ヨリトモ、許せん!!

 

さて、そんな大泉洋さん演じる鎌倉殿は

「武家の棟梁」「源氏の棟梁」と言われています。

 

私たち建築業界では

「棟梁(とうりょう)」といえば、

大工さんの世界で、親方・リーダーのことをいいますね。

 

そこで「棟梁」の意味を調べてみると、

「棟(むね)」と「梁(はり)」

つまり「建物の最も大事なところ」を意味しています。

それが、大工の職人たちを束ねるリーダーの呼び名となり、

転じて、一族のトップのことを

「棟梁」と呼ぶようになったそうです。

大工職人の言葉が、ジャンルを超え広まったわけですね!

 

以前、弊社の大橋社長が

「日本の歴史は、大工さんが作ったとも言えるね」

と言っていたのを思い出しました。

 

あたりまえですが、重機や電動工具などなかった時代から

住宅やお城、寺社、橋など、建築物をつくりあげてきたのは

大工の職人さんたちですもんね!

 

それはさておき……

源氏の棟梁ヨリトモめ、許せん!!

アラ子でした

 

https://www.t-around.co.jp/