[石井 学②]ティアラの仲間たち(全3回)

  • スタッフ紹介

『ティアラの仲間たち』

石井 学インタビュー②(全3回)

石井 学インタビュー①は、こちら

 

 

T太郎【聞き手・T太郎】

T太郎(以下T):石井さんは、親会社のタクトホームから

2017年にティーアラウンド社に来られました。

そこまでの経緯を聞かせてください。

 

 

石井:高校から建築系の学校に行って、

その後やはり建築系の専門学校に二つ通いました。

就職活動の時は、ちょうど自分の父親がタクトにいて

設計職の募集があるぞと聞きまして。

 

T:へ~!

 

石井:父はずっと建築畑でしたが、いろんな会社を経験しています。

タクトで働いていたのは最後の方ですね。

若い頃は、自宅とは別に仕事場を構えて

そこで図面を引いたりしていて。

仕事場に、子供の私が弁当を届けたり、

建築中の現場に連れて行かれたこともあります。

 

T:お父上も戸建て住宅が専門ですか?

 

石井:いいえ、その頃はもっと大きな公共施設とか、土木系でした。

そんなわけで自然にというか、無理矢理というか、

建築には興味を持つようになりました。

 

T:そしてタクトホームに入られて…

 

石井:はい、7年ほどタクトホームの設計課にいました。

そしてティーアラウンド社に移って…最初のころ、

大澤次長がおっしゃいました。

 

「うちは他の大手メーカーさんや、親会社のタクトホームに比べて

会社の規模は小さい。小さいからこそ小回りが効いて、

スピーディにお客様のご要望を反映できたり、自分の想像力も発揮しやすい。

だからこそ、うちは、意匠・デザインや機能を強化した家をどんどん提案し、

実現していこう!」と。

これは今も、チームで共通の「思い」になっています。

石井さんの仕事事例より↓

 

 

 

T:スタッフ一丸のがんばりで、ティーアラウンド社の住宅は好評です。

弊社のデザインが、親会社に採用されるという成果もありましたね!

 

石井:あれはうれしかったですね〜

お客様からのご好評も届いて、それも励みになります。

いろいろ工夫したことをお客様に喜んでいただけたときが、

やはり何よりうれしいですね

 

T:お客様からのご要望はどんなふうに届きますか?

 

石井:担当の営業がお客様から丁寧にお聞きして、

その都度こちら(設計課)に伝えてくれます。

営業と設計のやりとりもチームワークがすごく大切で、

今それが実現できていると思います!

 

[石井学インタビュー③へ続く]

↓↓↓

[石井学インタビュー①は、こちら]

 

https://www.t-around.co.jp/