はっけよ〜い 番付!

  • 茶柱です

茶柱です、こんにちは。

T太郎が、

両国の「江戸博」をレポートしていました。

その記事↓

江戸東京博物館【改修工事の前に行っとこ!】前編

 

そして両国といえば、ご存知

「大相撲」ですよね。

 

私は若い頃に一度だけですが

両国国技館の枡席で

相撲観戦をしたことがあります。

 

貴乃花全盛期で、

横綱が入場すると

場内が一気にヒートアップしましたね。

貴関のオーラはハンパなく

筋肉がピッカピカでマブシイ!!

私はほぼ同年代なんですが

カッコええわ~~と惚れぼれしたのを思い出します。

 

ところで、相撲の、

力士の順位表やプログラムを

「番付(ばんづけ)」と言いますが…

建築界にも「番付」があるの、ご存知ですか?

 

これは弊社の、ある現場です。

少し見にくいので…

○のところ、拡大します。 

 

「又 い 8」

と、あります。

 

このような印のことを

「番付」と言い

「部材の位置番号」を表しています。

 

図面には、三尺(約91センチ)ごとに

「いろは」順の横軸と

「123」順の縦軸がありまして、

 

「い 1」は

「い」の列の「1番目」

という意味で、「いのいち」と読む。

その隣が「い 2」で

「い」の列の「2番」で、「いのに」

 

という具合に、各部材が、

建物の、どの位置で、どんな向きで使われるのか、が

わかるようになってるんですね。

 

上の写真に戻りますと、

「又  い  8」は、

「又」が「中間」という意味ですので、

「い」の列と「ろ」の列の中間で、

その8番目だよ、と読み取れるのです。

 

現場では、大工さんがこの番付通りに

部材を接合し、組み上げていく…

というわけです。

 

ちなみに

「いの一番」という言葉は

「まっさきに」という意味で使われますが、

「い 1」=「いのいち」

この「番付」が語源、とする説が有力だそうですよ。

 

夕食では、いの一番にビールを飲む、

茶柱でした。

 

https://www.t-around.co.jp/