ここにも「どこでもドア」

  • アラ子の日記

アラ子です

お客様が教えてくれた「どこでもドア」

(↑「ストリートビュー」)

こちらは、ドラえもんの原作者、藤子不二雄先生の故郷

富山県にありました。

その記事はこちら→ ご自宅に「どこでもドア」

 

すると社内から、

「どこでもドア」は他にも、三重県津市や

奈良県や青森県にも、あちこちにあって

みんなに愛されてるんです! 

という声が聞こえてきました。

 

ピンクのドアが1枚あるだけで

もしかして本当に 行きたいところへ行けるのかも!?

と思えてくる、

人間の想像力って楽しいですね!

 

そして、ここからちょっと、自慢話(?)。

私たちが毎日通勤でお世話になってる西武鉄道には

車両内に … 

 

 

「どこでもドア」があるんです!! 

 

この「どこでもドア」を開けると〜

隣の車両に行けます!!!

 

 

すごいでしょ!

この車両は2020年、

ドラえもんの「連載開始50周年」を記念して導入された

ラッピング車両

「DORAEMON-GO!」号です。 

 

 

 

 

つり革も、…ドラ感あり♪

 

この車両、リアルタイムの運行情報

(いまドラ号がどこを走っているのか)が、

西武鉄道のアプリで確認できます。

楽しいですよ〜、ぜひ乗ってほしい!

 

ところで、海外でも人気のドラえもん、

「どこでもドア」は英語圏で

「Anywhere door」というんですって!

 

西武鉄道[DORAEMON-GO!]

 

ティーアラウンド株式会社