[第1回 土屋友作 ① ]ティアラの仲間たち

  • スタッフ紹介

『ティアラの仲間たち』

ティーアラウンドのスタッフをご紹介します!

 

第1回目は…

 

【聞き手・T太郎】

t_taro (以下T):不動産事業部・本店第一、ツッチーこと 

               土屋友作店長 にインタビュー! (全3回)

 

土屋:よろしくお願いします。

 

T:土屋さん、といえば、スポーツ万能 と聞いています

 

土屋:万能ではないですけど(笑)、サッカー、軟式野球、陸上と

いろいろやってきました。

 

T:高校、大学では陸上部に所属していたとか

 

土屋:私は千葉県の、九十九里浜沿いの山武市(さんむし)の出身なんですが、

県内の体育系の大学に進学して、三段跳びをやっていました。

 

T:三段跳び! ホップ ステップ ジャンプ ってやつですね!

「ホップ」「ステップ」「ジャンプ」どれが一番大切なんですか?

 

土屋:え!!  全部…大事ですよ…(笑)。

全てのジャンプをいかになめらかに跳ぶか、助走、踏み切り、

全ての動作がうまくいった時、いい記録が出るんです!

 

 

T: 三段跳びと、仕事と、共通していることってありますか?

 

土屋:そうですね〜(笑) 、私たち建設不動産の仕事も、

お客様との出会いから、引き渡し、そしてアフターケアまで、

全て大事ですからね、共通しているところが

あるといえばある…かもしれません(笑)

 

 

 T:就職は、ティーアラウンドの親会社である「タクトホーム 」

だったそうですね。志望動機をお聞かせください

 

土屋:大学では教職免許も取得したんですが、将来の夢

みたいなものは漠然としていて。自分には何ができるだろうか、

どんなことが向いているかと、いろいろ考えました。

 

まずは、こういうことは無理だな、こっち方面は興味がないな、

という感じに消去法みたいに考えて、いわゆる営業職はどうか、

面白そうだな、自分にも可能性があるかもしれないな、と。

 

それで、父親が大工をやってましたので、その影響もあって、

建築業界には親しみというか興味がありまして

それでタクトホームに応募したんです。

 

T:お父さまが大工さんだったんですね! 

現場のお手伝いなど、されたことはあるんですか?

 

土屋:時々やってましたよ。中高生の時期ですね、

現場に連れて行かれて、断熱材を貼ったり、土台敷きを手伝ったり、

荷揚げをしたり、そんな経験はあります。

 

T:ご自身は大工さんになろう、とは思わなかった?

 

土屋:父のことは尊敬していましたけど、大工ってすごい体力が必要な世界で、

石膏ボードなんかも1人で運んで打ち付けて、天井も全部1人で張って、

オレには無理だな~って(苦笑)

 

T:スポーツマンの土屋さんなら、体力的に無理ということはない気がするけど…

 

土屋:大工の体力は、陸上競技とはまた全く別の体力で、

その点うちの父親はすごかったです。実家の家も、親父が

自分で建てたんですよ。実家は二階建ての6DKでした

 

T:へ~~っ すごい! ていうか6DK、めっちゃ広い!!

 

土屋:田舎だから広いんですよ(笑)

 

T:自分のお父さんが建てた家に住むって、なんかすごい幸せですね! 

 

土屋:言われてみれば、そうなのかも(笑)

 

 

【土屋友作インタビュー② へ続く】

   ↓↓↓

[土屋友作インタビュー ②]は、こちら